JUGEMテーマ:病気

日本人の死因トップは、“がん”。今や、2人に1人が

 

がんにかかる時代だといわれています。

 

がんは老化とともに必然的に発生する病気とされている。ところが、

食生活やライフスタイルを改善することによって、たとえ発がんリスクの高い

遺伝素因や基礎疾患をもっていたとしても、

がんは予防できるともいわれている。

 

それは近年の医療の発達によって明らかになってきています

 

近頃は、がんにまつわるテレビ番組の放送も増え、

「他人ごとではない」と考えるようになった時代ではないでしょうか。

 

東京農工大学大学院
農学研究院 応用生命化学部門の矢ヶ崎一三氏が研究対象として
コーヒーには多様な成分があることがわかってきて
細胞ががん化する過程と、悪性化していく過程における
コーヒーの作用について本格的に調べはじめる矢ヶ崎氏。

 

動物実験を開始するにあたり、コーヒー試料は

市販のインスタントコーヒー粉末を用いた。


これによって、抽出効率や成分の違いを気にすることなく、

再現性の高い実験が行えた

 

「コーヒーにほんとうの発がん予防効果があるかどうかは、
今後の疫学研究によって明らかになるでしょう。

 

すでに毎日5杯以上コーヒーを飲むと肝臓がんの発症リスクが
低減するという疫学研究のデータも出ています。

 

これまで数百年にわたって生き残ってきたコーヒーには
なんらかの有用性があるはずですからね

 

高齢社会に突入して久しい日本で、
コーヒーが疾病の予防に寄与する存在となるか。今後の研究に期待したい。

 

がんを予防するため日頃から意識している方もいるかもしれません。

 

 

リスク抑制に期待される“食べ物”の情報を集めてみました。

 

「簡単に始められることから……」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

■1:大腸がんのリスク抑制・・・プルーン 男女問わず、日本人に多いといわれる“大腸がん”。

 

「まさに女性の味方!“プルーン”が大腸がんリスクを抑制の可能性…米研究」では、

プルーンを食べることで下記のような効果に期待できると述べています。

 

(1)結腸がんの発生リスクを低下させる。

 

(2)閉経後の骨喪失の抑制・予防に役立つ。

 

(3)禁煙に苦労している喫煙者の疾病リスク抑制に役立つ可能性がある。

これは、米国マサチューセッツ州ボストンで行われた

『Experimental Biology (実験生物学会)2015』での新たな研究発表によるもの。 ですが、

“プルーンをただたくさん食べればよい”というわけではありません。

プルーンは食物繊維が豊富なので、1日100g(8〜10個程度)を目安に取り入れること、

 

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種“タンニン”は、

プルーンに含まれる鉄分の吸収を阻害するので、 同時に摂取しないことを念頭に置いて取り入れてみてください。

 

■2:乳がんのリスク抑制・・・レモン 続いては、12人に1人が罹患するといわれており、

今もっとも注目を集めている“乳がん”。 アリゾナ大学がんセンターでは、

乳がんと診断された43人の女性に対して、 乳がんの手術前2〜6週間にわたって、

レモンに含まれる成分“D-リモネン” を毎日2g摂取してもらい、

がん組織にどのような変化があったかを調査。

 

その結果、乳がんを患っている部分に特に高濃度のD-リモネンが検出され、

体内にがんが存在するかどうかの指標となる腫瘍マーカーの数値が22%も減少したのだそう。

これは、D-リモネンが心身をリラックスさせたり、

交感神経を活性化させて血液の流れをよくしたりするなど、

さまざまな健康効果を持っていることと関係があるのではないかと、

 

「“レモン”がスゴイ! また、レモンに多く含まれるビタミンCは、

優秀な抗酸化成分で免疫力を高める作用があることからも、

相乗効果によってがんを予防・抑制する一役を担っている可能性があると伝えています。

 

その他にも、「鍋の脇役どころか超絶パワー!“はくさい”で風邪&がんの予防も」では、

はくさい特有の成分“ジチオールチオニン”にがん抑制作用が期待されること

 

「キノコラバーお待たせ!食物繊維だけじゃない“旬のキノコ”超絶パワー」では、

まいたけに含まれる“β-グルカン”に免疫機能を活性化させたり、

がん細胞の増殖を抑えたりする働きが期待されると述べています。

 

カボス果汁

 

とても体がダルイ時、首の後頭部が重いときなどは す−っと軽くなる感じに。

 

もちろん風邪なども 引きませんでしたね。 仕事上いろいろな方と接触してて教えてもらい

 

いろいろな方に教えたり 飲み始めましたところ大変好評です。

カボス.jpg

 

◆サワー・焼酎・ ジュース・紅茶に かぼすの果汁をギュッとしぼりこんだり

輪切りにしてジュースやサワー、 紅茶、焼酎に浮かべてお召し上がりください。

爽やかな香りで気分もよくなります。

 

◆刺身 爽やかな香りが魚独特の臭みを消し、味を引き立ててくれます。

酸味が効くのでしょうゆの量はわずかでOK。減塩にも役立ちます。

 

◆焼物 焼き魚はもちろん、焼肉などにも絶妙な味わいを演出してくれます。

牛もよし、豚もよし、鶏にもよくあいます。特に焼き魚は、

もうかぼすがないと物足りなくなってしまいますよ。

 

◆天ぷら・唐揚げ 油っこいものはちょっと、という方、ぜひお試しを。

ひとかけすれば、あら不思議、さっぱりとした風味が油ものの味わいをさらによくしてくれます。

 

◆汁物 魚の臭み消しとしてすまし汁に浮かべたり、味噌汁にも数滴しぼってふりかけます。

香りはもちろん、かぼすの酸味が食欲をそそります。

 

◆鍋物 あつあつの鍋物の引き立て役は、もちろんかぼす。

まろやかな酸味が効いたポン酢は、たまりません。 皮をすりおろしてふりかけてもさらにいけます。 かぼす.gif

かぼすは、ビタミンCの宝庫。また、ギ酸やリンゴ酸、

クエン酸、ミネラルなどの成分が多く含まれています。

お肌の健康や毎日の健康維持に気をつけている方々にかぼすはご愛用いただいております

 

自分はカボスを丸ごと皮迄の純粋かぼす果汁(200ml) 400円のを 飲んでいます。

毎日朝夕さかずき1杯程度の果汁を水またはぬるま湯でうすめてお飲みください。

続けてお飲みいただくと効果大です。

ハチミツ等をブレンドすればおいしいジュースとしてもご利用いただけます

1度飲むのをやめても、やっぱりって飲み始める方が 多いですね、

 

自分の飲んでるカボスはもちろん無農薬で 100%濃厚で低価格魚の食事にも、

晩酌のお供にも 飲んでる方が多いです。

 

シュワシュワっ 302個分のシークヮーサーをぎゅっと凝縮

沖縄の世界一の長寿村で収穫 ■豊富に含まれる天然の栄養素!

 1.ノビレチン   血糖値や血圧の上昇を抑える効果があると言われており、   

  ゴーヤの約400倍、他社製品の約5倍のノビレチンが含まれております!  

 

2.クエン酸 疲労物質を取り除く働きがあり、疲れにくい体質を作ります。   

 

当商品には、レモンの約2.2倍、梅干しの約1.6倍のクエン酸が含まれております!  

 

3.ヘスペリジン 抗アレルギー作用があるといわれており、鼻がムズムズするなどの季節のお悩みに!  

 また、別名「ビタミンP」とも呼ばれており、他のビタミン類の働きを助ける作用があります。

・ 疲労回復したい

・ 免疫力を高めたい

・ 老化防止

・ 生活習慣病予防

 

黒香醋にんにく熟成させた『黒にんにく』を使用  

体の基礎として欠かせない「アミノ酸」「有機酸」がたっぷり!

 

ちなみにアメリカのがんセンタ−の中では にんにくはトップクラスにランクインです

以上、がんのリスク抑制に期待される食べ物をご紹介しました。

しかし、これらの食べ物を食べていれば、がんにかからないということではありません。

ちょっとした体の変化を放っておかない、生活習慣を改める、

みんなが健康で楽しい生活ができるようにと広めていきたいです。

定期的に健康診断を受けるなど、さまざまな角度から向き合っていきたいものです。

 

ライフライン21がんの先進医療

がん患者と家族に希望の光を与える情報誌

特集:食道がんー標準治療と先進医療 免疫療法と免疫抑制細胞

 

抗がん剤・放射線治療と食事のくふう―症状で選ぶ!

がん患者さんと家族のための (がんよろず相談Q&Aシリーズ

)

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Comment