髪の毛のダメージは 治ります!? 

 

綺麗なツヤツヤの髪の毛でいたい!

 

髪の毛は死滅細胞だから 

修復も再生もしない! と言われています。

 

だけど  痛んでいるけど切りたくない! 

 

 

そう思うんです・・・

 

世ん中には いろんな種類の 

ヘアダメージを修復したり 再生したりするトリートメントは溢れてるじゃないですか

 

他店で縮毛矯正で失敗してビビリ毛になった方や

パーマのかかり過ぎでボサボサになったお客様の髪の毛が

残留成分を除去して トリートメントを継続することで 見違えるように 

修復されてしまうのです。

 

パーマヘアカラー後 

残留成分を除去して 髪の毛をPHアルカリに傾いてるのを

完全に弱酸性に戻すのだ

 

縮毛矯正も同じ

ダメージの多くは その施術後にあると。。。

 

この部分が 髪の毛破滅へのループ・・・

 

手触り悪くなるんで 上から皮膜をはる   

髪の内部にパーマ液の残留を引き起こし 

余計に痛む! 残留物質の影響で ゴワゴワ 


表面だけ綺麗で 中はぐちゃぐちゃのアホ毛の出来上がり♪

 

 

バサバサになっていた髪の毛が

 

残留物質を早く取り除く事で 感触 が蘇った! 

 

とくに縮毛矯正後やパーマなど 数ヶ月後の経過をみると 

かなり違った 「前にパーマした時の傷みが やっと治ったわ♪」

 


残留成分を除去はある○○を中和させると
酸性に傾くのじゃ。

 

 

 

余計な処理剤を使用しない!

 

残留薬物を出来るだけ 取り除く!

 

施術後もコーティングを出来るだけしない!

 

たったコレだけの事で パーマやヘアカラーのダメージの度合いが劇減した(経験)   

 

 

まず 髪の毛によい 栄養成分って 

 

なんだ 何が 一番大切なのだろう!?

 

ま―話をしても 3時間はいるので (爆)

 

 

髪の毛の最後の砦

 

髪の表面の キューティクル!

 

髪の毛の最強の保護皮膜であり 固いケラチンたんぱく質で出来ている。

手触りや艶なども 人間が感じる部分の多くがキューティクル

 

 こいつが しっかりしていれば 中身が 

だだ漏れの心配もないだろうし

 

ヘアダメージの最重要ポイント

 

 

""step1"" 髪に養としなやかさを与え。

 

""step2""によってそれを髪に定着させる。

配合された毛髪補修成分「加水分解ケラチン」が

ダメージ毛の奥深くまで行き届き、芯 からしなやかな髪へと導きます。

 

Comment